週刊新聞「納税通信」に連載中の「未来信託の活用法」と題する記事の第2回「財産は誰のもの?」の解説動画を公開しました。
日本国憲法で認められた「私的財産権絶対の原則」と、機械的に法定相続人に財産が分け与えられる「法定相続」との矛盾点を指摘し、また昭和22年制定の現行民法の相続制度が完全に時代遅れになっていること、さらに、契約によって相続という「自然現象」を超えられることを証明している生命保険の構造について解説しています。
https://youtu.be/i3B0JLnA9rE