全ての人の『願い』が叶う!『想い』が実る!新たな財産管理・財産承継・事業承継のカタチをご提案します。

私、河合保弘は、2018年3月をもって一度は「隠居」いたしましたが、度重なり発生している大型台風などの自然災害や新型コロナウイルスに代表される想定外のリスクへの対応の重要性が高まってきたこともあって、私の後を託した松尾陽子さんが主宰する組織である「協同組合親愛トラスト(よ・つ・ばグループ)」の事業が拡大してきたことを受け、この度「よ・つ・ばグループ副代表」として、微力ながらよ・つ・ばグループが進めている正しい信託の普及事業をはじめとする各種取り組みを応援するため、新しい事務所を開設することになりました。
よ・つ・ばグループは、全国各地に多種多様な専門家を擁する組織ですので、あらゆる層の皆様からの、あらゆる種類のご相談を受け、的確に対応することが可能です。
是非とも、よ・つ・ば親愛信託総合事務所と「よ・つ・ばグループ」をご活用いただけますよう、お願い申し上げます。



親愛信託®︎とは、財産を持つ方や会社を経営している方が、自分の介護や老後などに必要な資金や、不動産、預貯金、さらには自社株式などを、血縁に関係なく信頼できる人に託し、希望通りの管理や承継をしてもらう仕組みを言い、信託銀行や信託会社による「商事信託」とは異なる仕組みです。
信託をすれば、民法の法定相続制度や成年後見制度などとは関係なく、自分の希望通りの財産管理や承継が可能となり、かつ商事信託とは違って信頼する人に管理を託するので、高額な報酬は必要なく、まさに誰にでも気軽に利用できる仕組みです。

ただ、まだ我が国で親愛信託®が使われ始めてからの日が浅いため、世間での認知度はまだ十分ではありません。
しかし、最近ではメディアに取り上げられる機会も多くなり注目されつつある制度でもあります。
親愛信託®︎は、プラスの財産であれば何でも対象となります。

☆よ・つ・ば☆とは、もちろん四つ葉のクローバーの意味もあります。「希望」「誠実」「愛情」、そして「幸福」です。4つ揃って「幸福」です。しあわせの「し」=4、という意味もあるようです。
もうひとつ親愛信託の特徴でもある信託を正しく活用して、想いを叶えて、財産を承継するという、「よ」りそう、「つ」なぐ、ば「万全」な親愛信託という意味を込めています。
よ・つ・ば親愛信託総合事務所の名前には、そのような意味がこめられています。
協同組合親愛トラストの副代表である河合保弘氏が、本当に必要なものは何なのか?求められているものは何なのか?ということを専門家や一般の国民市民の方々に今までの経験を活かして、よ・つ・ばグループとともに親愛信託を活用するための事務所です。

親愛信託を活用できる場面は様々です。お金持ちや財産を持っている人だけのものではありません。今までどうしても解決できなかった悩みが、親愛信託を使うと解決できる場面が多々あります。親愛信託を必要としている方々のお役に立てる世の中に必要な事務所です。

 

よつばコラム

二次元セミナー~第4回

二次元セミナー~親愛信託活用マニュアル講座~第4回 P16~18:「人はいつか亡くなる宿命」から 【図表1】 人は「精神(Spirit)」「身体(Body)」、そして「財産(Property)」の三要素で成り立っていると …

二次元セミナー~第3回

二次元セミナー~親愛信託活用マニュアル講座~第3回 P14~15:「家族信託を知っている人は増えたけど??」から (初版版では「家族信託を知っている人はまだ少ない??」というタイトルでした。) 親愛信託は、新しい制度です …

二次元セミナー~第2回

二次元セミナー~親愛信託活用マニュアル講座~第2回 P4~5:改定の辞(改訂版=2018年5月執筆)から(初版版には掲載されていません) 初版発売から2年半が経過した頃、出版社から改訂版発売のお話をいただきました。 当時 …

二次元セミナー~第1回

二次元セミナー~親愛信託活用マニュアル講座~第1回 「二次元セミナー」とは、リアルでもオンラインでもなく、かつ「紙上」でもない、私がかつて経験したことのないセミナーの方法ですが、私の過去の著書「家族信託活用マニュアル改訂 …

「親愛信託活用マニュアル講座」スタートについて

「親愛信託活用マニュアル講座」スタートについて 「河合保弘の勝手なブログ」では、勝手に連載小説などを書かせていただいていますが、もう一つのブログ「よつばコラム」の方は、実はセミナー開催情報などを書こうと思って準備していた …

PAGETOP
Copyright © よ・つ・ば親愛信託総合事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.